茨城県(つくば市,筑西市,下妻市,結城市)の調剤薬局 :: 株式会社マイドラッグ(ハニュウ薬局)     サイトマップ リンク集
会社案内店舗一覧Q&A採用案内お問合せ

HOME > Q&A > 外用について
Q&A

冷シップと温シップの使い分けを教えてください。

冷やすか温めるかは多くは使用者の好みで使い分け、はっきりした基準はないです。一般的には、冷シップは急性疾患で、赤く腫れ、熱を持ち、痛みがある状態に用います。とくに打撲や捻挫などの外傷性炎症の初期(最初の5〜7日間)に繁用されます。
一方温湿布は、主に急性期を過ぎた慢性・亜急性の症状で、局所が冷たく、筋肉がこわばって動かすと痛みがある状態に用います。

お風呂上がりすぐにシップを使ってもいいですか?

かぶれたり、剥がれやすくなったりするので、少し時間を空けてから使用して下さい。

坐薬を入れた後すぐに排便してしまった場合はどうすれば良いですか?

入れた直後に排便した場合はもう一度使用して下さい。30分以上経って排便し、その中に坐薬の形がない場合は、ほぼ体内に吸収されています。再度の使用は控えて下さい。どちらか判断できない場合は、薬剤師に御相談下さい。

塗り薬の軟膏とクリームはどう違うのですか?

軟膏よりもクリームの方が塗った時の感じがサラッとしています。ただし、皮膚の状態によりクリームでは刺激が強く出たり、かえって症状を悪化させることもあります。皮膚の状態によって医師は軟膏かクリームかを選択していますので、その都度処方された薬を正しく使用して下さい。

眼軟膏の使い方を教えてください。

指でつける方法として、石鹸で手指を洗ってから必要量を指の先にのせて、目につけます。 場所によっては、指の代わりに滅菌された綿棒のようなものに薬をつけて、それで目につける事もあます。 一番大切なことは手を清潔にして眼軟膏を使用し、爪などで目を傷付けないようにすることです。

うがい薬の正しい使い方を教えてください。

うがい薬を使う前に、口内の食物のカスなどを除くために、水で一度少し強くすすぎます。 うがい薬には、そのまま用いるものと、薄めるか、あるいは溶かしてから用いるものがあります。薄めたり溶かしたりするときは、医師・薬剤師等の指示や説明書にしたがって、使用する度につくるようにします。

ステロイド吸入剤を使ったあとに、なぜうがいをするのですか?

薬が口の中に残っていると、のどの痛み、声のかすれ、口内の感染症などの副作用が起こりやすくなります。このような副作用はすぐに出てくるものではありませんが、ステロイド吸入剤を使った後はうがいをする習慣をつけるとよいでしょう。もし、上記のような症状が出た場合には、医師・薬剤師等にご相談されることをお勧めします。
マイドラッグで働く
調剤薬局のお仕事
先輩社員へのインタビュー
社内委員会
社宅制度
在宅医療
漢方への取り組み