茨城県(つくば市,筑西市,下妻市,結城市)の調剤薬局 :: 株式会社マイドラッグ(ハニュウ薬局)     サイトマップ リンク集
会社案内店舗一覧Q&A採用案内お問合せ

HOME > マイドラッグで働く > 社内委員会 > 学術委員会
社内委員会



私たち学術委員会では、現在「ヒヤリハット調査」を継続的に研究しながら、今後は在宅分野で生かせるデータの収集などを行っていく予定です。

2010年より各店舗でのヒヤリハットの傾向の調査を始め、その年の茨城県薬剤師会学術大会にてポスター発表を行いました。
翌年の2011年には、ヒヤリハット調査に対する社員の心情をアンケートを利用して調査し、同じくポスター発表を行いました。
また、それと並行して「ハニュウ薬局上ノ室店における患者さんからの電話相談」の口頭発表も行いました。

発表前になると、集まる機会も増えて結構忙しくなりますが、最終的に患者さんの為になる事ですので大変やりがいを感じる事ができる委員会です。

■今年の委員会風景

今年発足した「学術委員会」の委員会風景です。
基本的には会議室のある本部にて委員会を開催し、お弁当を食べながら話し合いをしています。





メンバーは委員長の 杉山久明先生 望月先生 坂本先生 倉田先生 の4名が基本メンバーとなり、月に1度位頑張って研究に励んでいます。



■第22回茨城県薬剤師会学術大会 2011年11月20日(日)午前10時〜

発表@ ハニュウ薬局北つくば店 ポスター発表
「ヒヤリハット調査に対する社員の意識調査」
概要 2年続けているヒヤリハット調査に対して、実際に記録を付けている社員は何を感じているのかをアンケート形式で調査して傾向を分析した。

発表A ハニュウ薬局上ノ室店 口頭発表
演者 上ノ室店 管理薬剤師 中原 多美雄
演題 患者からの電話相談内容
概要 夜間電話での対応をしているので、相談内容を分析して薬剤師の重要性を説いた。







2年連続の茨城県薬剤師学術大会への参加となりました。たくさんの薬剤師の先生たちに見てもらい、役に立てればと思い参加しています。
今年は中原先生の口頭発表もあり非常に充実した内容となりました。
各店舗からの応援もあり賑やかな雰囲気の中無事に学術大会を終わらせることが出来ました。
受賞はならなかったものの、楽しく1日を過ごすことが出来たと思います。
参加されたみなさん、お疲れ様でした。

■第23回茨城県薬剤師会学術大会 2012年12月2日(日)午前10時〜

発表 ハニュウ薬局上ノ室店 ポスター発表
「漢方調剤実習3時間への挑戦―反省と今後の課題―」
概要 2年間続けてきた漢方調剤実習に求められるものは何か、また漢方知識を吸収できたか検証するためレポートの内容を分析した。





今回で3年連続の茨城県薬剤師会学術大会への参加となりました。ヒヤリハットに変わり、漢方調剤実習の発表でした。
2年間で受け入れてきた薬学研修生38名は、大学の講義からは習得できない漢方生薬の実体験、薬徴の知識などを知ることができたと思います。
また研修生にとっては、陰陽・虚実・六病位・八網分類を授業で習っていても実際に漢方調剤のイメージと結び付かないのかもしれません。今回の実習で漢方に対し興味が深まり、学ぶ意欲が湧いて頂けるといいですね。
参加されたみなさま、お疲れ様でした。

マイドラッグで働く
調剤薬局のお仕事
先輩社員へのインタビュー
社内委員会
社宅制度
在宅医療
漢方への取り組み